今日はぎっくり腰のお話しです。

ここ最近、腰が痛い方のお話しが続いていますが。。。

 

季節の変わり目など、気温の差がある時など急に寒くなった時は体

が冷えケガをしやすくなります。

 

この方は朝、車の運転席から助手席に荷物を置こうと体をひねった

際にぎっくり腰になり来院されました。

 

1回目の施術では、炎症を引かせることを中心に、骨盤や背骨の歪

みを修正しました。

徐々に回復され、3回目の来院された時は寝返りの痛み以外は改善

してきていました。

 

しかし、かばって動いていたり、痛みの恐怖心から全身が緊張し腰

以外のほかの筋肉までカチカチに固まっている状態でした。。。

 

なかでも腹筋の緊張が強く、それが痛みの原因として残っているも

のと考え歪みを取る事とともに、腹筋側の緊張を緩めることをして

行きました!

 

腰が痛いのに腹筋??と思われた方もいるのではないでしょうか?

 

人間の体には、伸ばす筋肉に対して曲げる筋肉と言うように反対の

作用をする筋肉があります。

今回の場合、体を伸ばす=背筋。体を曲げる=腹筋になります^^

 

腰が痛くて体を伸ばせない・起こせない。と言うことは、

伸ばせない=曲げた状態⇒腹筋を常に使った状態になります。

 

そのため、腹筋の緊張が残っていると体が伸びにくく、痛みがなか

なか改善しないと言う事に繋がってしまいます。

 

このように、痛いところだけをみるのではなく、全身のバランス・

歪みをみながら原因をしっかり見つけることが重要です!!

 

今回のように筋肉だけではなく、他の関節や、筋膜、靭帯、内臓、

神経など様々なものの影響で痛みが改善しない場合もあります。

 

なかなか改善しない痛みをお持ちの方は、ひたちなか市からも近い

那珂市 きくち接骨院へいつでもご相談下さい!!